無料法律相談お申込みはこちら
法人・事業主の破産相談 > 免責に関するQ&A

免責に関するQ&A

ノーイメージ
昔,破産をしたことがありますが,破産可能でしょうか?

 法律上,免責不許可期間といって,免責が絶対にできない期間が定められています。  具体的には,過去に破産をした際,免責許可決定が出て,約5週間で免責許可決定が確定するのですが,免責許可決定の確定日から7年以内に免責許可の申立て(破産申立てとほぼ同じ意味)を行った場合,免責不許可期間に該当し,免責が認められないということになります。  免責とは,債務を免除してもらう手続をいいます。  破産とは,持続きを読む

ノーイメージ
借金をして,一部,ギャンブルに充てていますが破産可能ですか?

 破産で免責を認めるかの判断において,免責不許可事由というものが法律で規定されています。  免責不許可事由の代表例として,ギャンブルのため,借金をしていたということが挙げられます。  なぜなら,ギャンブルのための借入れは,生活費のための借入れと違って,お金を借りる必要性もないですし,道義上もギャンブルでの借入れについて,すんなりと免責されるのはどうかというところから,免責不許可事由とされています続きを読む

ノーイメージ
免責不許可事由には,どういった行為が該当しますか?

  破産法上,免責不許可事由という事由が規程されています。   免責とは,破産をした後,残っている債務について,法律上,支払義務を免除してもらう手続きをいいます。 免除してもらうに当たって,お金の使い道について,確認をしたうえで,不適切な使い方をしている場合,免責が認められないという形になっています。   免責不許可事由の例として, 1 浪費,ギャンブル続きを読む

ノーイメージ
免責は必ず認められますか?

 自己破産をした場合,免責という形で,残っていた債務の支払義務を免除してもらうことが可能です。  しかしながら,破産をすれば,いかなる場合であっても,免責が認められるというものではありません。  破産法上,免責不許可事由というものが規程されています。具体例として,ギャンブルをした場合,浪費をした場合等,簡単に免責を認めてしまうと問題があると考えられております。  ただ,ギャンブルや浪費をした続きを読む

ノーイメージ
債権者からの反対で,破産が認められないということはあり得ますか?

 破産の依頼を受けた段階で,弁護士から債権者へ,受任通知を送る際,債権調査票という書類も同封し,破産に対する意見があれば記載してもらうという扱いになっています。  そのため,債権者としては,債権調査票に記載をすることで意見を述べることが可能です。  また,債権者集会の日程について,裁判所から,各債権者へ,通知が発送されますので,債権者は,債権者集会に出頭することで,集会の席上,意見を述べること続きを読む

上に戻る