無料法律相談お申込みはこちら
法人・事業主の破産相談 > よくある質問(法人,事業主破産) > 76 個人でローンのある自動車がありますが,どうなりますか?

76 個人でローンのある自動車がありますが,どうなりますか?

 

 個人でローンのある自動車がある場合,自己破産をすることにより,自動車ローンの債権者から,自動車の返却を求められることになります。

 自動車ローンを組んでいる場合,所有権留保という,自動車ローンを完済するまで,自動車の所有権を移転しないという担保権が設定されています。

 そのため,原則として,自動車ローンが残っている自動車がある状態で,破産手続きに入った場合,自動車の返却要求に応じなければいけません。

 

 ただ,車検証上の所有者欄の記載について,通常であれば,自動車ローンの会社名が記載されているはずなのですが,同欄が自動車の販売店名義になっているケースもたまにあります。

 これは,将来,売却したりする際の名義変更上の便宜を優先させて,このような記載にしているようです。

 このような,自動車ローンの会社と,車検証上の所有者名義欄の記載が食い違う場合,自動車を返却せず,将来,破産申立てをした後,破産手続き上,換価対象となります。

 

 稀に,車検証上の所有者欄の記載について,そもそも,ご本人名になっているようなケースもあります。このような場合,自動車の返却に応じず,破産申立てをすれば,自動車の価格によりますが,高額な自動車でなければ,残すことが可能です。

 

 
メールで相談

上に戻る