無料法律相談お申込みはこちら
法人・事業主の破産相談 > よくある質問(法人,事業主破産) > 52 破産手続き中,法人の取締役になれますか?

52 破産手続き中,法人の取締役になれますか?

 

 法人の取締役は,法人との委任契約に基づいて就任することになります。

 そして,委任契約は,民法により,受任者である取締役が破産することにより,終了することになります。

 旧商法上,取締役の職務の重要性から,破産手続開始決定を受け,復権をしていない者について,法人の取締役に就任することができない旨規定されておりました。

 その後,旧商法から会社法が制定された際,上記制限を撤廃したため,破産中の者であっても,法人が再度,取締役として選任することにより,取締役に就任することができることになっております。

 

 
メールで相談

上に戻る