無料法律相談お申込みはこちら
法人・事業主の破産相談 > よくある質問(法人,事業主破産) > 18 従業員を解雇後,残務処理のため,手伝ってもらうことは可能でしょうか?

18 従業員を解雇後,残務処理のため,手伝ってもらうことは可能でしょうか?

 

 会社を廃業することにより,これまで継続してきた事業を停止することになり,従業員を解雇することになります。

 その後,会社は,破産申立ての手続きへ向けて進んでいきます。会社の規模や代表者の事業への関与状況により,廃業後の残務処理について,従業員に手伝ってもらった方がスムーズに進むような場合,例えば,経理担当の方の協力を得たりする必要があれば,残務処理のために手伝ってもらうことは可能です。

 

 この場合,会社の預貯金の残金があれば,残務処理を手伝ってもらった従業員に対して,会社から日当を渡すことも可能です。

 ただ,過大な日当を渡せば,債権者を害することになりますので,あくまでも破産へ向けての必要な処理の範囲内で,適正な日当をお渡しするという対応になります。

 通常,半日,5000円,1日,1万円程度の日当になるものと思われます。

 

 
メールで相談

上に戻る